バイアグラなどのED治療薬、市販?薬局?AMAZONやメルカリは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
薬局

病院に行かず、もっと手軽にバイアグラなどのED治療薬を買えないの?などと思って色々探していませんか?

調剤薬局やドラッグストア、AMAZONや楽天などの国内通販にメルカリなどのオークションサイト。
なんとなく市販されているのではないかな?と思っているかもしれません。

しかし、これらで購入することは100%できず、むしろ販売も購入も違法行為なのです。

そこでこの記事ではどうして市販で販売されていないのかと、病院に行かなくても安全に購入できる秘訣や購入方法を解説します。

どうしてED治療薬は市販で買えないのか

医師の荷物

日本で承認されているED治療薬は現在3種類あり、バイアグラ、レビトラ、シアリスの順に承認されています。

この3種類ともPDE5阻害薬とも呼ばれるもので、医療用医薬品に指定されているため、医師の処方でしか購入する事はできません。

医療用医薬品は一般用医薬品(市販薬)と比べ、効果が高い反面、副作用も起きやすいため医師の管理が必要なのです。

そのため医療用医薬品に指定されているED治療薬3種類は、ドラッグストアなどで市販されていないのです。

しかしED治療薬は医療用医薬品ですが、保険が適応されず10割負担のため、1錠単価が高く非常に高級品です。
その結果、ED治療薬を少しでも安く購入したいと思っている人が日本で多くいるのが現状です。

オンライン診療も初診は病院へ

現在ではED治療薬を通院せず、オンライン診療で処方してもらうことができます。

オンライン診療の場合スマホやタブレットのテレビ電話などを使用して、医師と対面する必要があります。

通院する時間がない人などにとって画期的なシステムですが、初診は必ず病院へ行き医師の診察を受ける必要があります。

オンライン診療も初めての場合は勇気が必要かもしれませんが、一線を越えてみると案外楽な購入方法かもしれません。
もちろん値段は病院での処方と変わらなく、診察料、ED治療薬費、100%自費となります。

市販に最も近いのが海外通販

タブレット

これまで説明した通り、ED治療薬は市販で買うことはできませんが、実は病院の処方以外にもED治療薬を買う方法があります。

それは海外で販売されているバイアグラやレビトラ、シアリス、そしてそのジェネリックを日本にいながら購入するという方法です。

少し回りくどいですが、端的に説明すると“通販でバイアグラを買う”ということです。

通販であれば医師の診察も必要なく、家にいながらスマホやタブレットで簡単に購入できるので非常に便利です。

しかも日本ではかなり高いED治療薬も比較的安値で買え、さらにジェネリックであれば激安で買うことができます。

病院へ行かず購入できるので、市販でED治療薬をどうしても買いたい場合、海外通販が最も近いと考えられます。

海外通販のED治療薬は購入しても大丈夫なのか?

病院で処方されているのに、海外通販でED治療薬を買っても大丈夫なの??違法じゃないの??と心配になりますよね。

海外通販のED治療薬を購入しても違法にはなりません
海外から薬を個人で購入するので正確には”個人輸入”になります。

自分で使うのであれば、厚生労働省に申請しなくても申請無しに医薬品を個人輸入できるのです。

もちろん覚せい剤や大麻、麻薬及び向精神薬などの指定薬物は輸入が規制されていてできません。
ED治療薬はこれら規制薬物に含まれていないため、個人輸入ができるのです。

これはあくまでの個人で使用する場合のみで、販売目的や譲渡などは禁止されていません。
そのため海外通販で購入したバイアグラを誰かに売ったり、あげることは違法になります。

海外通販サイトは個人輸入代行サイトとも呼ばれ、個人輸入の手助けをしてくれるサイトです。
直接海外の業者とやり取りするのは難しい話なので、その中間に立ってくれるということですね。

一般的な通販サイトと同じように購入できるので、個人輸入と言っても通常の通販と何ら変わりはないのです。

しかしあくまでもED治療薬は日本では処方薬ですので、通販で買う場合すべて自己責任ということを覚えておきましょう。

AMAZONや楽天などの国内通販は?

市販に最も近いのが海外通販だと説明しましたが、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどの国内で使用されている大手通販サイトではもちろん販売することはできません。

国内の通販サイトで販売できる医薬品は現在第1類~第2類までの一般医薬品です。
これらは通販サイトで買えますが、購入時に薬剤師の確認が必要な医薬品もあります。

ED治療薬は一般医薬品ではなく、医療用医薬品のため国内の通販サイトでは販売することはできません。
海外医薬品を販売目的で国内で所持してはいけないことになっているのです。

そこで通販で買いたいのであれば、やはり海外通販しか方法はないのです。

メルカリやラクマなどのオークションサイト

運営元の管理会社がしっかり取り締まっているので問題ないと思いますが、もし万が一出品されていた場合は絶対に購入してはいけません。

そもそも薬を他人に譲渡することは海外通販だけでなく、医師から処方された薬であっても違法行為です。

またED治療薬ではありませんが、2019年にはSNSで連絡を取り合い口裏を合わせて出品したアフターピルを販売した男が逮捕される事件もあります。

犯罪に関わらないだけでなく、偽物を購入して健康被害にあわないためにもオークションサイトでは絶対に購入してはいけません。

ED治療薬を市販したいのなら海外通販サイト

この記事のまとめ

・市販でED治療薬は購入できない
・市販に最も近いのは海外通販サイト
・AMAZONや楽天などの国内通販は購入不可能
・オークションサイトなどは絶対NG

この記事では上記について詳しく説明していきました。

ED治療薬は日本では医療用医薬品に指定されていることから、購入方法には医師の処方、または海外通販サイト(個人輸入代行)を使った2つの方法があります。

海外通販であれば誰にも知られず手軽にED治療薬を購入でき、しかも安価に販売されているのでED治療にかかるコストも抑えることができます。

自己責任での購入になりますが、気になる場合はチェックしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。