レビトラジェネリックは通販のみ

レビトラのジェネリック医薬品は日本では処方されていない薬になります。
ですが海外通販サイトを使うことで、同じ効果を持つレビトラジェネリックを安値で購入することができます。

この記事では何故日本ではレビトラジェネリックが流通していないのか?
ジェネリックは安全性が確立されているのか?通販サイトを使う上でのデメリットなど管理人が体験した情報
を赤裸々に解説しています。

どうして日本で処方されていないのか

日本ではED治療薬に限らず、色々なジェネリック医薬品が普及していますよね。
でもレビトラのジェネリック医薬品はまだクリニックに行っても処方を受けることができません。

これはレビトラの成分であるバルデナフィルの物質特許が満期を迎えなければジェネリックを製造してはいけないルールがあるためです。
後に下の項目で解説しますが、通販で購入できるレビトラジェネリックの多くはインド産のものになります。

インドでは多くのジェネリック医薬品が特許を切れる前に製造できる法律があるので、レビトラのジェネリックも購入することができるのです。

では国内通販最大手のAMAZONや楽天市場では購入することができるのでしょうか?

国内通販(AMAZONや楽天)で買える?

薬を通販で購入すると聞けば、最もイメージされるのは最大手のAMAZONや楽天などではないでしょうか?

しかし国内通販では海外のジェネリックや処方箋が必要な新薬の購入をすることはできません。
これは処方箋と呼ばれる医師の許可証が必要となるため、個人の判断で購入や販売を行うことはできないからです。

冒頭で通販サイトを使えばレビトラジェネリックを購入できると書きましたが、国内通販ではどのサイトを探しても絶対に見つかることがありません。
万が一あった場合、それは完全な「違法行為」となるので、絶対に購入しないようにしてください!

購入は個人輸入代行を使う

レビトラと同じ効果を持ち合わせて半額以下の値段で購入することができるレビトラジェネリックは海外通販サイトを使って購入します。

個人輸入代行は日本人が日本に在住しながらも、海外にいる購入代行者が製薬会社との仲介に入り、わたしたちに海外商品を発送してくれるサービスになります。

もちろん、自分自身が使う前提であり、輸入規制範囲内で行うことを前提に厚生労働省も認めている正規ルートとなるので、安心安全にレビトラジェネックを購入することができますよ。

これによって日本に住んでいながらサイトを通じて日本にはない医薬品を取り寄せることが可能となっているのです。

レビトラと効果は同じ?

ジェネリックを製造するためにはルールがあるのを知っていますか?

これは薬を作るにあたって世界共通、鉄の掟で「新薬の成分を変更してはいけない」と言ったものです。
つまりレビトラジェネリックはレビトラと同じ有効成分、バルデナフィルを配合しているため、効果や持続時間、副作用まで全く同じ効果を発揮します。

副作用だけはなくなればいいんですけどね…(本音)

成分が同じと言うことはレビトラ最大の特徴である即効性も健在でジェネリックでも得ることができます。
レビトラよりも安く、そして楽に入手できるのがレビトラジェネリックなのです。

ジェネリックは安全?

ジェネリックに抵抗を持つ方は珍しくありませんよね。
ED治療薬に限らず私の知人でも風邪薬のジェネリックを嫌がったり、とにかく新薬にこだわる人は多くいると思います。

結論から言うとジェネリックは安全です。
むしろ危険なものをメーカーが販売するはずがありません。

ここではレビトラジェネリックが何故安いのか、日本にはないのに何故購入することができるのか、どんどん不安を払拭していきます。

レビトラとの違い

レビトラとレビトラジェネリック、その大きな違いは形状や金額になります。
成分は同じでもジェネリックは新薬に比べて服用しやすさを考慮し、形状を変えたり味を付けたりすることは許されています。

つまりレビトラよりも服用しやすくなっているのが特徴で、価格を抑えたレビトラジェネリックはレビトラ愛用者にとって更に服用しやすくなっているため人気です。

どうして安いのか

どうしてジェネリックって安いの?だから怖いんだけど…。と思った事ってありませんか?
実は私も初めてレビトラジェネリックを見た時の安さに不安を覚えました。

偽物なんじゃないか、健康被害が出るんじゃないか…。
でも実際に自分で服用したり調べていく内にどうして安いのかを知ることができたので、分かりやすく教えますね。

新薬であるレビトラを開発するための費用や臨床試験は販売までにかけるお金が膨大であり、新薬を作るのには数十億円かかるとまで言われています。
しかしジェネリックはその成分を変更せずに使えるため、開発にかける費用を大幅に抑えることができます。

開発コストを抑えられる、つまり購入者にも安く提供できると言った仕組みになっているため、ジェネリックは安く購入することができるのです。

インド製ジェネリックの秘密

ジェネリックを作るためには新薬の特許期間があるとお話しました。
しかしインドの薬事法では例外となっており、特許期間中の新薬成分であってもジェネリックを製造することができます。

実はこの背景には「国境なき医師団」が大きく関係しています。
国境なき医師団とは世界中のまともな医療を受けることが出来ない貧困層を対象に、完全無償で治療を行う医師たちのことを指します。

ですが完全無償で行うがゆえに値段の高い新薬を投与することは物理的に不可能と言えます。
そこで登場するのがインドのジェネリック医薬品となり、安値で処方を続けられ、多くの命を救えることからインドではジェネリック医薬品が盛んになりジェネリック大国と呼ばれるようになりました。

またインドがジェネリック大国と呼ばれる理由はもう1つあります。
20世紀末ごろインドでは経済格差がひしめく中で、医薬品を購入できない貧しい家族も多くありました。

そこでインドの政策として挙がった対策法がジェネリック医薬品を無償で配布する事。
これによって後発医薬品会社が徐々にインドへ進出し、ジェネリックに力を入れていることで今やインドのジェネリック医薬品は世界中で使用されるほど知名度が高くなっているのです。

海外通販サイトを使うデメリット

レビトラを使いたいけど高い、病院は恥ずかしい、または現在使っているけどもっと医療費を抑えたい!
そう思っている人にとって通販は全てを叶える手法ですが、デメリットがあることもしっかり覚えておきましょう。

ここでは実際に私が困った、不安になった要因をまとめています。

注文してからの時間

まず困ったのが注文してから到着まで時間がかかること。
通常の国内通販は翌日配送などをうたい文句にするだけあって、購入してから数日で届くものです。

ですが個人輸入代行である海外通販は購入後、海外からの配送となるため当然時間がかかります。
ほかにも海外のイベントや祝日などがあるとその分更に遅くなることもあるので、10日前後は見積もって購入しなければいけません。

明日は合コン!絶対にほしい!と思っても、すぐには届かないので注意しましょう。
前もって購入しておけば解決できるので、事前に購入しておくと解決できますよ。

医師の説明を受けられない

私の場合は、初めて買う時に1番の懸念点がこれでした。
正直薬は医師の診察を受けてから、しっかりと説明されて買うもの。それを基準に育ってきたんですから、怖くて当然なんですけどね。

実際に購入を続けている私だからこそ悩んでいる人の気持ちが分かります。
そこで私が踏み切った方法としてやはり口コミなどが決め手でした。

実際にレビトラジェネリックを通販で購入している人たちはどんな口コミなのかな?という生の声を聞いて購入してからというもの、今はクリニックにいかずに毎回通販で済ませられているので本当に便利です。

ダメと思ったらもう買わなければいいだけなので、お試し感覚で買ってみよう!そんな感覚で購入したのがキッカケでした。

ジェネリックでもレビトラと同じ効果を発揮します。

ジェネリックの安全性や国内通販では購入できないレビトラジェネリックを記載しました。
私個人のおススメとしてはやはりレビトラが知名度的にも良いのですが、やはりお金には代えられないのでジェネリックも色々選択したりしています。

成分を変更してはいけないジェネリックはレビトラと同じ効果を発揮します。
また、効果だけでなく飲みやすさを考慮して作られるジェネリックは新薬より優秀と言っても良いかも知れませんね。