ダポキセチンの効果や副作用などの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダポキセチン構造図

ダポキセチンは世界で初めて早漏に効果があると立証され、安全性が確立されたことから今では世界60ヵ国以上で承認、そのうちの30ヵ国では実際に早漏対策に使われています。

日本では承認されていませんが、ダポキセチン製剤は個人輸入で購入でき、中には処方しているクリニックもあります。

そこで副作用の頻度や危険性を図るために、ダポキセチンがどのような成分なのか解説していきます。

この記事は次のサイトを参考にしていますが、医療用語も多く難しいので個人的に読みやすくしています。
内容の変更は行っていません。

参考サイト:https://en.wikipedia.org/wiki/Dapoxetine
画像:wikipwediaより

ダポキセチンの臨床試験結果

まず注目してほしいのが実際にダポキセチンを使って臨床試験を行った結果があります。

どんな医薬品でも効果がしっかりあるのか?副作用の頻度を図るために臨床試験は行いますがそこで次のような結果が出たことで立証されています。

ダポキセチン臨床試験

ダポキセチンは30mgと60mgの2種類ありますが、上記の図を見てもらえれば分かるようにやはり容量が多い方が効果があると言った結果になります。

また、ダポキセチンを服用する前と比べ約2倍持続時間が伸びている実績と、服用を継続すればするほど早漏を改善していることに繋がっているようです。

この臨床試験は早漏と診断された男性6081名を対象に行った実験ですが、結果的に50%以上の男性が早漏を改善できたと体感したことからダポキセチンは早漏に効果があると立証されています。

市販薬は存在しない

ダポキセチンは日本では未承認ですので、一般的には販売されていません
そのためドラッグストアなどで市販薬として存在していないのです。

海外でダポキセチン配合の早漏治療薬は大きく分けると2種類あります。

・ダポキセチン単体の治療薬:プリリジー
・ダポキセチンにED治療成分が配合された治療薬:スーパーレビスマ、スーパーカマグラなど

プリリジーは世界で初めて早漏改善効果があるとして承認された早漏治療薬で、世界60か国以上で承認されています。

日本では承認されていませんが、早漏治療薬として一部のクリニックなどで、プリリジーが処方されています。
クリニック以外では販売されておらず、海外通販サイトでしか購入できません。

ダポキセチンの服用方法

水

ダポキセチンは性行為前の1時間ほど前に服用してください。
効果の持続時間は5~6時間ほどですので、十分性行為ができる時間です。

ダポキセチンは1日最大60㎎までで、それ以上の服用はできません。
初めての場合は30㎎からはじめましょう。もし効果が十分でなければ、30㎎の場合は1日2錠まで服用できます。
※60㎎を半分にカットして30㎎で服用できます。

食事と一緒に服用しても大丈夫ですが、アルコールや睡眠薬などとの併用はなるべく避けましょう。

毎日服用した方が良い?

上記の結果をみると、毎日ダポキセチンを服用したほうが早漏が改善できると考えられますが、毎日飲む必要はありません。

ダポキセチンには即効性があり、服用後1時間ほどで効果を感じることができます。
そのため、性行為の1時間前の服用が良いと考えられています。

1日に何回も性行為をする場合があるかもしれませんが、ダポキセチン製剤は1日に1回で最低でも24時間間を開けなければいけません。

そのため1日に1回を守り、性行為に合わせて何回も服用しないようにしましょう。

ED治療薬の配合剤を服用する場合

スーパーカマグラなどED治療薬との配合剤を服用する場合、レビトラを服用するタイミング!と思いがちですが、ダポキセチンが効果を発揮するのは服用後1時間程度と言われています。

つまり早漏とEDを同時に解消するために複合薬を飲む場合、レビトラの感覚で服用するとダポキセチンがまだ効果を発揮する前なので射精をコントロールできない場合があります。

そのためダポキセチンとED治療薬配合錠を服用する場合は、プリリジーと同じ、性行為1時間前に服用しましょう。

そうすることにより、レビトラの効果を30分で、ダポキセチンの効果も得る事ができ、どちらも5時間程度効果が持続するのでEDと早漏、どちらも改善することができます。

ダポキセチンの1日の最大量は60㎎までです。

1錠に配合されるダポキセチン量を守っても、ED治療薬の方で用量を超えてしまう恐れがあります。
決められた用量を超えることは危険なので錠剤をピルカッターで半分にするなど、服用前に必ず確認しましょう。

ダポキセチンの副作用

ダポキセチンは早漏に対して有効な成分であり世界で唯一の対抗内服薬です。
しかし早漏を改善する一方で副作用もあるので、事前に確認しておきましょう。

・めまいや頭痛
・吐き気
・倦怠感
・下痢
・不眠症など

ダポキセチンはもともとうつ病の改善をするために開発された経緯があります。
そのためセロトニン濃度を調整することからめまいなどを引き起こすと言われているので、車の運転などは控えるようにしましょう。

頭痛や下痢などが一般的ですが、どれも持続時間が切れると改善します。
あまりにひどい場合は市販薬を服用することもできますが、長引く場合には1度医師に診てもらうと良いでしょう。

ダポキセチンの併用禁忌・注意薬

ストップ

ダポキセチンを服用するときに禁止されているもの、そしてすべき薬があります。
同時に服用してしまうと副作用が強く出てしまうだけでなく、重篤な健康被害や命にかかわる問題となるため、注意しなければいけません。

ダポキセチン自体は安全な薬ですが、危険を避けるため事前に知っておきましょう。

ダポキセチンの併用禁忌薬は次の通りです。

抗うつ剤

もともと抗うつ剤として開発されているダポキセチンは抗うつ剤との併用で更に効果を増強させてしまうことから禁止されています。
重複させないよう、現在うつ病治療をしている方などは十分注意してください。

CYP3A4阻害薬

CYP3A4阻害薬は抗生剤やケトコナゾール、HIV治療薬などが挙げられます。

HIV治療薬はダポキセチンだけでなくレビトラも禁忌薬に指定されているので併用はしないでください。

副作用が強く出る報告が臨床試験で報告されています。

MAO阻害剤

MAO阻害剤とダポキセチンは相性が悪く、併用によって精神状態に被害を及ぼすとされているので注意しましょう。

モノアミンオキシダーゼ阻害剤

モノアミンオキシダーゼ阻害剤も副作用を増強させる恐れがあります。

グレープフルーツ

グレープフルーツには成分の吸収を遅延させる成分フラノクマリン酸が配合されています。

成分吸収が遅れると体内に潜在する成分の時間も長引くため効果を強くしてしまいます。

それはつまり副作用も強く出てしまう恐れがあるので、ジュースやスムージーなども注意しましょう。

併用禁忌薬に関しては医師や薬剤師などでない限り、難しい場合が多いと思います。
分からない場合には服用は絶対にやめて、まず医師などに相談してから服用することで安心して服用することができますよ。

ダポキセチンを服用できない人

ダポキセチンを服用する上で注意すべきは副作用や禁忌薬だけではありません。

ダポキセチン成分に対して過剰反応を起こしてしまうような方や持病、現在治療している疾患がある場合には服用できない場合もあるので、ここで知っておく必要があります。

・チオリダジンを現在服用中の人
・重度の虚血性心の人
・重度の肝障害の人
・二十歳未満、65歳以上の人
・ダポキセチン成分にアレルギー反応がある人

これらに該当する場合には、ダポキセチンを服用することが出来ないので、このサイトでも紹介しているようなレビトラジェネリックは服用しないようにしましょう。

ダポキセチンで早漏は改善できる

ダポキセチンは早漏を改善できる成分となっており、世界で初めて早漏に効く薬として今も世界中で使われています。

しかしまだ日本では承認されていないので、購入するためには海外通販を使うしかありません。
早漏の改善方法も今の現代医学ではトレーニング以外で推奨された方法がありません。

私自身もそうだったように、ダポキセチンと出会ってからは自分だけでなくパートナーも一緒に喜べる、そんな性ライフを送ることができています。
悩まずにダポキセチン配合のレビトラジェネリックを使ってみると良いですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。