株式会社ACTIONSPORTS|出展・協賛団体のご紹介|SAITAMA CYCLE EXPO(埼玉サイクルエキスポ)

出展・協賛団体のご紹介

株式会社ACTIONSPORTS

株式会社ActionSport

団体名:株式会社ACTIONSPORTS

Tommasini
「イタリアンハンドメイドの代名詞」
スチールフレームを溶接から塗装まで、イタリアの自社工場で行うTommasiniはイタリアン・ハンドメイドフレームの代名詞といえるでしょう。 創始者であるイリオ・トマジーニは、1948年にフレームビルダーとなりました。 その後、ミラノで名匠ジョゼッペ・ペラに師事し、1957年にTommasiniを設立。当初はOEM生産を主としていましたが、1970年代に入るとTommasiniのフレームは、 イタリアはもとより海外にも供給されるようになりました。そして今…世代が変わっても受け継がれてきた職人たちの技術と経験は、 フレームの細部のディテールや優れたジオメトリーに生かされています。

Casati
「それは情熱=パッションがあるからだよ」 CASATI三代目 マッシモ・カザーティ
CASATIはイタリアのモンツァにある指折りの歴史あるブランドです。1920年の創業以来、イタリア国内の生産にこだわり続け、現在でも溶接をはじめとした重要な工程はすべて自社工場で行います。「LINEA ORO」「LASER」に代表されるスチールフレームは、 そのフィレットブレイズ工法やヒドゥンシートバインダー(特許)さらにケーブル内蔵処理などの、ハンドメイドならではの高い技術力により芸術品と呼べるような美しさです。またカーボン素材も積極的に取り入れており、現在でもイタリアのU23チームにフレームを供給するなど、レースで得たノウハウをフィードバックしています。

Calamita
風を感じる、季節を感じる。そんな自転車ライフを求めたハンドメイドバイク「カラミータ」
良いクロモリフレームは、遠くへ早く楽に連れて行ってくれます。ただ早く走るだけなら、カーボンのような新素材にその役目はまかせた方が良いでしょう。 でも、五官(視・聴・嗅・味・触)に感じるバイクは、出来の良いクロモリバイクが最適であると多くのサイクリストが認めるところです。
クロモリフレームにコストを掛け、お客様自身の好みに応じたバージョンアップをする余地を残しています。 いわばいじる楽しみです。言い換えれば未完成とも言えますが、それがCalamitaの魅力でもあります。

GUSTO
OEMで培った高度な技術力、カーボン専門ブランド「GUSTO」
元々カーボン製のパソコンや携帯電話などのボディーやパーツを生産する会社が、2006年に立ち上げたカーボンメーカーです。そして、その技術力と生産力を活用して、多くのバイクブランドに自転車フレームをOEM供給=「相手先ブランド名製造」してきました。自転車先進国オランダで、設計・テストが繰り返され、自らの工場で生産することでリーズナブルな価格であっても高品位・高性能です。驚いたことに航空機材料としても信頼性の高い東レのT700、T800(一部T1K)のハイモデュラスカーボンを使用しています。また、自らコンチネンタルチームATTAQUE TEAM GUSTO を持ち、アジア各地で快進撃を続けております。

NOVATEC
1971年10月にハブメーカーとして誕生したJOY industrialがその前身です。 多くのブランドやメーカーにハブを供給し、その技術力は高く評価されてきました。 ハイエンド商品の独自ブランドとして1989年にNOVATECを設立。ISO9001の認証を受け、 その高い技術力と商品力によって国内外の数多くの製品セイヒンがアワードを受賞してきました。 2003年にはTPS(トヨタ生産システム)を導入し、2004年には高い技術力をもつ企業グループ集団であるA-Teamのメンバーにもなっています。 2003年にNOVATACの開発したカーボンホイルは、年間で最も優れた革新的製品を表彰するTBEA(台湾自転車輸出協会)の最優秀製品として、世界中から高い評価を受けています。

JAGWIRE
Jagwireは20年以上の歴史を経て、多くの有力なスポーツバイクメーカーへOEM供給している。
さらに、多くの国際的レースでのトップ選手のバイクにジャグワイヤーを使われていることをご存知だろうか?
Jagwireはレースシーンにおいて精度だけでなく最高の能力を引き出すことができる。またロングライド時の耐久性においても、優れていることで世界のトップチームに信頼されている。

  • 株式会社ActionSport
  • 株式会社ActionSport
  • GUSTO
  • NOVATEC
  • Jagwire_Logo
TOPへ戻る